スポーツ障害に特化した接骨院と他院との違い

スポーツ障害でお悩みの方には、整骨院や整体、整形外科に行ったけど、「痛みが引かない・・・」「同じところを怪我した」という方もいるのではないでしょうか?

このページではスポーツ障害に特化した接骨院と他院との違いを説明いたします。

1. スポーツ障害に特化した施術ならではの圧倒的な早期改善率

電気や装具などで痛みをごまかしながらのスポーツ復帰では本調子で運動できるまでに多くの通院を必要とし時間もかかります。しかし、スポーツでの障害はただ運動が再開できれば良いのではなく、なるべく早く問題なくスポーツ復帰できることが重要になります。スポーツ障害に特化した当院であれば施術時間も短くて済み、スポーツ再開までの通院も5回改善率が90%以上を誇り、圧倒的に早期回復が期待できます。

一般的な治療院では・・・

病院や接骨院では基本的には安静とシップ、保護としてテーピングやサポーターを使って一時的な処置で様子をみます。スポーツ復帰を優先する接骨院などでは、本質的な改善よりも、とりあえず痛みをマヒさせる電気治療器で症状を鈍らせることもあります。

2. 独自の整えながら動かす施術で、その場ですぐ痛みを解消

問題の本質は、実は「動きそのものではなく筋肉の過剰な緊張」なので、痛みが出ないように整えながら運動することで「運動が痛い」という条件反射的な筋の過緊張は取れて、痛みを訴えずに運動できるようになっていきます。動かした際に痛みが出ないように、整復をしながら運動することで痛みを生み出す緊張が抑えられスポーツへの復帰は格段に早くなります。

一般的な治療院では・・・

「痛みが引いてから運動再開」が基本、動きにくくなってしまった場合にはリハビリも始めて様子を見ながら運動していくのでサポーターやインソールに頼るようなことも多くあります。一般的な方法ではスポーツ復帰まで3ヶ月から半年かかる場合も…

3.身体の使い方を直して再発を防止

スポーツ障害に特化した接骨院ー使い方を直す

偏った動かし方によって過剰な筋緊張をおこすことが痛みの原因なので、体の使い方を直すことがとても重要になります。バット・ラケットのスイング、投球、キックなど運動において重要なのはインパクトの瞬間です。パンチ力などで説明されるように、衝撃の強さは「スピード×体重×パワー」で表されますが、スピードと体重の要素はテクニックを磨くことでより効率良く楽に動けるようにできます。そのため、技術を磨く指導をおこなって運動時の筋肉への負担を最小限に減らして元から再発を防ぎます。

一般的な治療院では・・・

フォームの悪いところを指摘したり、サポーターやインソールなどの装具で症状を抑える対処を行います。力が入りやすくなるなどの説明を行いスポーツショップのように院内でインソールを作成・購入を勧めたりする接骨院なども多くあります。

4.すぐに効果を実感できるストレッチ&運動指導を徹底しパフォーマンスアップ

スポーツ障害に特化した接骨院ー運動指導

その場でパフォーマンスが良くなったことを実感できる運動方法や、すぐに柔軟性が上がって体幹のバランスが整うストレッチを組み合わせ、より軽く楽に動けるように運動指導を行いパフォーマンスアップを目指します。筋肉への負担を減らすことで楽に動けるようになるのですが、急激に疲労感を感じずに動けるようになるため運動の際に「楽すぎて物足りない…」と感じて戸惑ってしまう選手もいらっしゃるほどです。

一般的な治療院では・・・

最近では多くの接骨院などでストレッチや運動指導を行うようになりましたが、皆様がよくご存じのストレッチであったり、より筋力を使うような運動指導や綺麗なフォームを真似させるような運動指導が一般的です。基本的には筋力トレーニングで筋力を増強することをパフォーマンスアップとして推奨しています。