スポーツ障害について

スポーツ障害とは・・・

スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などの総称であり、長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害である。

引用元:スポーツ障害(Wikipedia)より抜粋

なかでも成長期によく見られるものは成長痛ともよばれ、基本的に成長が落ち着くまで運動の制限が必要といわれます。

一般的なスポーツ障害の治療方法は?

運動することによって起きるため、「フォームを変える」「骨格のゆがみを整える」「インソールで足のアーチをサポートする」「体幹がブレないよう鍛える」「サポーター、テーピングなどで補助する」「安静にする」など、いろいろな方法が模索され、組み合わせた治療がなされています。

スポーツ障害の根本的な原因

スポーツ障害は、痛む部分だけが悪くなっているように思われますが、筋肉、腱、靭帯、関節など、いろいろな部分のつながりで連動した動きの中で、一定の部位に負担をかけて動いた結果、体が限界を感じ悲鳴をあげているものです。

まほろば治療院 スポーツRe:make では、なぜ早く良くなるの?

当院では、まず痛む動作と部位から使い方のクセの見極め(解析)を行います。

そして連動する筋肉の緊張を緩和し、関節可動域を回復させ、本来使うべき筋肉にフォーカスした運動動作の修正を行います。

スポーツ障害を根本的な原因から改善に取り組ませていただくため、早く良くなるだけでなく運動成績の向上まで起こせるのです。